ごはん

【肉】「ケンタッキー・人工チキン」? KFCも植物由来「人工肉」を検討中

投稿日:

1: ぐるまと! 2019/06/04(火) 02:54:36.88
https://www.businessinsider.jp/post-191866
・米ケンタッキー・フライド・チキンは、植物由来「人工肉」の主要メーカーとビーガン向けフライドチキンの可能性について話し合っている。
 アメリカのKFCのケビン・ホックマン社長がBusiness Insiderに語った。
・デル・タコ、バーガーキング、カナダのティム・ホートンズといったファストフード・チェーンがここ数カ月の間に、ビーガン向け代替肉をメニューに追加した。
・アメリカの大手チキン・チェーンはまだ、どこも代替肉メニューを発表していない。だが、チックフィレイもビーガン向けメニューの追加を検討し始めている。
 ビーガン向けの、植物由来の「人工肉」がデル・タコやバーガーキングのようなファストフードチェーンのメニューに加わっている。
 次に、この波に乗るのはチキンチェーンかもしれない。

アメリカのケンタッキー・フライド・チキン(KFC)のケビン・ホックマン(Kevin Hochman)社長にとっては、かつてはあり得ないと考えていた未来。
今、同氏は確信が持てずにいる。

「正直言うと、6カ月前に聞かれていたら、ノーと言っていただろう」とホックマン社長はBusiness Insiderに語った。
「なぜなら、我々はフライドチキンを売っているのだから」

だが、もし現在インポッシブル・フーズ(Impossible Foods)やビヨンド・ミート(Beyond Meat)のような企業を取り巻く話題が長期的な顧客の需要になるなら、
KFCはもちろん植物由来の代替肉をテストすることになるとホックマン社長は語った。
同チェーンはイギリスではすでに、ベジタリアン向け「フライドチキン」をテストしている。
「この2週間で、アポを数件取った。ちょっと調べてみようかと ―― 代替タンパク質のチキンがどんな感じなのか」

ホックマン社長の言葉は、チックフィレイのメニューを担当するエグゼクティブ・ディレクター、アマンダ・ノリス(Amanda Norris)氏が5月はじめに
Business Insiderに語ったことと同じ。ノリス氏によると、チックフィレイはビーガン向け商品をメニューに追加することを検討し始めている。
「確実に我々の考えを広め、潜在顧客の中で真に重要な存在となり、顧客を獲得したい」とノリス氏は述べた。
「単なる肉の入っていないサラダや肉の入っていないラップサンドを確実に超えていると考えている。サンドイッチの中である種の代替メニューになるだろう」

植物由来の「人工肉」はここ数カ月で、ファストフード業界に広がっている。
TGIフライデーズ(TGI Fridays)、カールス・ジュニア(Carl's Jr.)、レッド・ロビン(Red Robin)などのチェーンは、インポッシブル・フーズ、
もしくはビヨンド・フーズの人工肉を使ったメニューを提供している。
デル・タコのビーガン向けメニュー、ビヨンド・タコ(Beyond Taco)は、同社史上最高の新製品となりそうだ。
バーガーキングはインポッシブル・フーズと提携し、2019年末までにインポッシブル・ワッパー(Impossible Whoppers)をアメリカ全土で展開する。

「長期的な売り上げを構築することができる新しいカテゴリーと考えている」と、バーガーキングの親会社レストラン・ブランズ・インターナショナル
(Restaurant Brands International)のホセ・シル(José Cil)CEOはBusiness Insiderに語った。
「植物由来の人工肉バーガーなどの新しいメニューは、長期的に当社の事業を支えていく」

代替人工肉メーカーは需要増加に伴い、売り上げを増加させている。
インポッシブル・フーズは5月半ば、テマセク(Temasek)と香港のホライゾン・ベンチャーズ(Horizon Ventures)の主導による
3億ドル(約330億円)のシリーズEの資金調達ラウンドを発表。
これに先駆け、ビヨンド・ミートは5月はじめに新規株式公開を行い、大きな話題となっていた。初日の終値は163%高の65ドル75セントとなった。

そして、この大成功は、KFCが「ケンタッキー・人工チキン」に挑戦することを意味しているかもしれない。
「絶対にないとは言はない。6カ月前なら絶対にないと言っていただろう」とホックマン社長。
「今は、考えを改めた。我々は人工肉についてもっと学ぼうとしている……、まだ少し早い気もするが、学ぼうとしている」

まずいラーメンにありがちなこと
引用元: http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1576228874/

66: ぐるまと! 2019/06/04(火) 07:06:56.82
>>1
添加物無しのおからハンバーグでいいよ。

おからにつなぎとネギまぜて、鶏ガラスープで練ればつくねになるっしょ?

 

87: ぐるまと! 2019/06/04(火) 09:11:58.99
>>1
ヴィーガンもやっぱりフライドチキン食いたいんだな

 

93: ぐるまと! 2019/06/04(火) 09:25:56.54
>>1
日本のケンタッキーの品質も
俺は信用していない。

 

156: ぐるまと! 2019/06/05(水) 01:43:11.56
>>1
モスバーガーは、ずっとやってるじゃん。
大豆肉。ソイパティ。
157: ぐるまと! 2019/06/05(水) 01:52:29.53
>>1

畑のお肉って以前から売ってる。
おいしいよ
no title

 

2: ぐるまと! 2019/06/04(火) 02:56:22.62
知ってる限り、オリジナルを一度に4ピース以上食べるヤツは漏れなくデブだった。

 

4: ぐるまと! 2019/06/04(火) 02:58:44.74
油で揚げないことも考えろや。

 

5: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:01:28.25
本当に売るなら食べるよ
大豆肉大好き

 

8: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:08:34.44
大豆を代用されたら堪らんな迷惑
28: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:57:54.78
>>8
大豆とかコーンとか確かアメリカではほとんどが輸出か家畜飼料に
されてるからそのまま人用の食料で使ったほうが食料資源的に良いらしい

 

9: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:10:09.24
がんもどきを食え

 

10: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:11:27.14
油揚げ

 

11: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:17:16.09
なら
油揚げでいいわ(笑)

 

12: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:17:34.39
工業製品のように工場で飼育管理されている動植物は、既に人工物なのではないのだろうか。品質や安全、効率などを突き詰めていくと培養に行き着くのは明らか。

 

13: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:21:29.98
チキンが実る植物でも作るの?

 

15: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:28:05.67
骨が出てくると動物食ってるなって萎えるんで植物由来期待
元々フィレとかグロくない方が好き

 

16: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:31:19.39
ひさびさに食べたらうまかった
たまにはいいな

 

17: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:32:12.26
「メーテル、このフライドチキン、人工チキンじゃないよ、天然チキンだよ!」

 

39: ぐるまと! 2019/06/04(火) 05:01:48.49
>>17
999での食堂ラーメンは本物
18: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:33:04.79
もう豆腐でええわ
湯豆腐大好き

 

19: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:33:08.09
おからでナゲットでも作るのか?。
ごまの絞りかすを混ぜて

 

20: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:33:45.94
肉らしい豆な嫁

 

21: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:38:02.06
パサパサ肉いらないから…皮側だけ売ってw

 

24: ぐるまと! 2019/06/04(火) 03:40:48.89
ケンタッキー、マクドナルドは培養肉に力入れるべきじゃないのか?

資本力のある企業だからこそやって欲しい

 

30: ぐるまと! 2019/06/04(火) 04:04:02.56
ガンモドキ
「俺様の時代が来たようだ」

 

引用元: http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1559584476/


-ごはん

Copyright© グルメまとめの「ぐるまと!」 , 2020 All Rights Reserved.